「こだわりを持たない」ということがこだわりになる。

WEBデザインからコーディングまで幅広く対応するマルチプレイヤーWEBディレクター 佐藤 弘明

人の意思決定の根幹が何かを考える日々

学生時代から現在に至るまで、人が何を考え行動するのかに興味をもって生きてきたように思います。
最初のきっかけは、ささいなことでしたが学生時代の自分の立ち位置を見極めるためだったかもしれません。「どうすれば相手のニーズに応えることができるのか?」に深く興味を抱くようになりました。
社会人として最初の仕事に接客の仕事を選んだのは、興味を具現化したいという欲求を満たすためにその道を選んだように思います。今思えば瞬間瞬間に相手の意思決定がリアルに感じられる接客業は今の仕事においても相手のニーズに応える上で貴重な体験をしたと感じています。

常に新しいことに触れていたい

「常に新しいことに触れていたい」という想いから、接客の仕事を経て、畑違いのWEBディレクターの仕事にたどり着きました。
接客の仕事は実際に自分自身の目の前の顧客のニーズを瞬時に判断し応える仕事だと言えると思います。片や今いる業界は沢山の想像もしないような多くの顧客と繋がれる可能性がある業界です。WEBディレクターの仕事はサイトをご覧になるであろうまだ見ぬターゲット顧客がどのようなニーズをもって検索し、サイトにたどり着いた際にどのような順番で閲覧をするのかを想定しながらコンテンツを創り込む仕事と言えます。
つまりこの仕事は、「会ったこともない顧客のニーズを探ること」に想像力を最大限発揮した究極の人間観察が大切な仕事と言えるかもしれません。
「人の意思決定のポイントがどこにあるのか?」を考え抜いて、WEB上のコンテンツとして顧客ニーズに応えるというこの仕事は自分にとって、日々新しい発見をさせてくれる刺激的な仕事だと感じています。

「こだわりを持たない」というこだわり

学生時代から現在に至るまで、人が何を考え行動するのかに興味をもって生きてきたように思います。
WEB制作を通して、顧客である旅館・ホテルの収益向上を図るという当社の指針を実現するために最も重要なことは、自分自身のこだわりを持たないこと。それはつまり、「顧客本位のスタンス」とも言えると思っています。自分のつくりたいものをつくるのはアーティストであり、顧客のやりたいことを実現するのがクリエイターというのであれば、いちクリエイターとして、顧客のやりたいことを実現するために、「良い意味で自分のこだわりを持たない」ことが実は一番の強みであるように思います。


「デザインの力」で顧客の収益を上げる。

学校と実践で学んだデザイン力を武器に顧客の魅力を引き出すデザイナーWEBデザイナー 井上 祥子

芸術系高校からデザインを学ぶ

最初のきっかけは、絵を描くのが好きというすごくシンプルなものでした。大分には、芸術系の高校があり、そこに進学を決めたのも私にとって自然な流れでした。
高校ではビジュアルデザインを専攻し、大学では油彩を専攻していましたが、デザイン以外の美術の勉強(油絵・日本画・彫刻など)を学生時代に学んだことは、今のWEBデザイナーとしての仕事におけるベースになっていると感じていると共に、自分の強みであると感じています。

デザインの仕事にのめり込む

卒業後は、デザインの仕事がしたいと考え印刷会社へ入社。そこからは、WEBデザインの仕事がメインになり、女性らしいデザインに強みを持つようになりました。
学生の頃の制作と、クライアントの課題を解決するデザインの仕事の違いを理解しキャッチアップするのは大変で、非常に戸惑ったことが今では良い思い出です。その後徐々に仕事にも慣れ、デザイナーとして、「顧客のやりたいことを実現する」ために仕事に向き合い、クオリティの高い仕事を追及するため、担当営業やディレクターと密に連携を取り、ひとつのものを創り上げていくことにのめり込んでいきました。

「客観的な意見を大事にする」というこだわり

初めは、仕事先のひとりとして出会った弊社代表の河野との仕事上でのやりとりは、私にとって非常に刺激的なものでした。「顧客の利益創出のために一緒になって課題に向き合う」その過程を通して、仕事に没頭するがために自分自身見落としてしまっている点などに気付かされ、客観的な意見を受入れることでより良いものが創れるということを早い段階で実感できたのは、今の仕事にも良い影響を与えていると感じています。私がWEBデザイナーとして仕事に向き合うスタイルを確立するきっかけになったのは、弊社代表の河野と仕事をしたことが大きかったと感じています。
顧客の魅力をカメラマンとして画像に切り取り、言葉以上に雄弁に語る一枚を創りだすクリエイターとしての河野の発言は当時から今も変わらず、圧倒的な説得力を持っているように感じています。







「デザインをすること」でお客様の笑顔が見たい

WEBデザイナー 佐藤 裕子

幼い頃より絵を書くことが大好きで、デザインにも興味があったことから専門学校を卒業後すぐにDTPデザインの世界に飛び込みました。
印刷会社やデザイン事務所などで印刷物のデザインを主に担当してきました。
様々な仕事と関わっていく中で、自分の作ったものでお客様に喜んでいただけることにやりがいを感じるようになりました。そんな中webデザインに興味を持ち、そのタイミングでご縁がありアドグラフィーに出会い入社しました。
弊社代表である河野のお客様への熱い想いに触れ、そのイメージをよりよい形で表現できるよう自分自信もお客様の立場で考えデザインできるよう日々取り組んでいます。







お客様の事を深く考え、「本質」を伝えるデザインを目指す

WEBデザイナー 藤井 由紀恵

“地域”の魅力が好き

芸術系の大学を卒業し、新卒で入社した仕事は県外の特殊紙印刷オペレーターでしたので、WEB業界は全くの未経験でした。
私は旅行が好きで、週末出かけて地域の特色を体感することが何より好きです。デザイナーという夢と、旅行業界に特化しているという点に興味を抱き、アドグラフィーへ入社を希望しました。

「毎日が新しい」現場で過ごした1年間

私にとってアシスタントデザイナーとして過ごしたアドグラフィーでの1年半はとても濃い日々でした。
未経験でしたので、もちろん至らずに泣いた時も沢山ありましたが、この世界はすごく面白くて魅力的だと感じます。
毎日社員全員が、仕事の手段を更新していきます。気持ちや意見が伝わったらアイデアを採用してくれます。
お客様の事をすごく考えて、どんどん進化していく。こんなに流動的な会社は大分に他にないと思ってます。

HPはみんなで育てる生き物

私は今この会社でデザイナーを目指しています。
それに向けて「デザイン」と「ディレクション」の2本柱で鍛えさせていただいています。
HPには沢山の要素、沢山の関わる人の想いがあって成り立っています。大切に育てる、生き物みたいです。
「魅力のあるコンテンツの提案」「効果のあるデザイン」「お客様の満足度」
それらが揃った仕事をすることが、私の今後の目標です。







予想を越えた提案を

WEBデザイナー 小野 莉紗

「デザイン」の大きな役割・意味、問題解決。

デザインを必要としていただけるということは「何か」困っていることや希望があるということ、
「何か」課題と考えていることがあるということ。
その「何か」をお客様に寄り添い、共に明らかにし、解決していきたいと考えています。

幼い頃から絵を描くこと創ることが好きで、それらを誰かに見せた時に反応(喜んでもらったり、驚いてくれたり)してもらることが何よりも嬉しかったです。
その時感じた嬉しさを、次は「お客様の抱えている問題の解決の手助けとなった」「結果が出た」嬉しさへ。
誰かと共有できる嬉しさへつなげていきたいと思います。

そのためにもお客様の予想を越えることができる提案を日々模索し頑張りたいと思います。