中学生時代のある日。
日に日に廃れていくと感じた「地元別府の街の今」を
何かカタチに残さなければいけない、
そう感じた時にカメラを手に取ったことから
すべては始まりました。

アドグラフィー創業者 代表取締役 河野浩之

器用貧乏な自分からの脱却
地元別府鉄輪温泉の街の今をカタチに残さなければいけない

「何をするにしてもそこそこできるけれどそれ以上にはならない」自分でもそう感じる幼少期を送り、気が付けば中学生になっていました。
勉強もそこそこにこなし友人と普通に遊び語らう、そんなどこにでもいるような中学生だったと思います。
そんな傍ら、別府の街に生まれ育ち、幼い頃には感じなかった街の衰退を感じ始めたのもちょうどこの頃でした。
いつもと変わらない1日を送っていたある日、その日に限っていつも何気なく見ていた街の風景がいつも以上に廃れて見え、ふと「地元別府鉄輪温泉の街の今をカタチに残さなければいけない」そんな想いで頭も胸も一杯になり、絵が特段うまいわけでもない自分がどうしたらいいかを考え、カメラを手に時間を見つけては「街の今」を撮りはじめました。生まれてから、ひとつのことに無我夢中になったのはこれが初めてでした。

高校生カメラマン、個展を開く
人生で初めてであったこの個展のテーマは、「二十世紀から二十一世紀を駈け抜ける十五歳の記録と記憶」

地元では進学校と呼ばれる高校に進学した後も、まるで憑りつかれたかのように「街の今を切り取る」ことに没頭し始め、相当数の写真を撮影しました。
この頃は、もちろん授業には出ていましたが、時間を見つけてはカメラ片手に街に出ていました。
カメラを手に取った当初から、「ある程度の写真を撮りためたタイミングで誰かに見てもらいたい」そう思っていましたが、具体的な方法はまったく考えていませんでした。今思えば向こう見ずだったなとも思いますが、ふと「個展を開いてみてもらおう」と思い、場所探しから始めました。まず、知り合いのお寺の住職に話を持ち掛けました。幸運にも住職の方に趣旨をご理解頂け許可を頂け、境内の一角をお貸し頂けました。次に、どうしたら告知できるかを考え、当然いち高校生なので十分な資金を持っているわけではないので、広告を出すわけにもいかないので、地元のマスコミに個展を開くことについて話を持っていきました。今思えば、私にとって初めてのプレスリリースがこれでした。幸いにも、マスコミにも取り上げて頂け、個展にはたくさんの方に来ていただくことができました。
人生で初めてであったこの個展のテーマは、「二十世紀から二十一世紀を駈け抜ける十五歳の記録と記憶」。自分自身の目で見て感じた「地元別府鉄輪温泉の街の今」を個展を通して多くの方に共有することができました。

プロのカメラマンへ
地方に居ながらにして圧倒的なクオリティを持った仕事をして、地域の魅力をより多くの方に伝えていきたい

高校卒業後の進路について、友人や担任など周囲から反対の声は多数ありましたが、自分自身にとっての自然な流れとして、プロのカメラマンとして仕事をし始めました。幸いなことに、高校時代の個展を開いたことで、地元では多少知っていただいていたこともあり、ご縁もあって掲載されている写真が非常に綺麗だと評判のとある旅行誌の仕事を中心に活動をさせて頂きました。この頃、九州各地のあらゆる宿の撮影の仕事を大量にさせて頂き、旅行誌の編集部長に鍛えて頂いたことがプロカメラマンとしての地力を引き上げていき、当時得意とは言い難かった「料理写真」が今では一番得意になったのは、間違いなくこの頃の仕事のおかげだと思っています。
その後、色々な仕事をしていく中で、クライアントの要望を把握し、要件を満たす「プロのカメラマンとして恥ずかしくない写真」を撮影し納品する、この流れに当初は何の疑問も持っていませんでした。また、収入的にも食べていくには十分稼ぐことができていました。
しかし、同時に少しだけ違和感を感じていた部分が日に日に大きくなっていくのも感じていたのも事実です。
今思えば、「地方に居ながらにして圧倒的なクオリティを持った仕事をして、地域の魅力をより多くの方に伝えていきたい」という想いが芽生えたのがこの時期だったように思います。

一枚の写真の持つ魅力を引き出し最大の広告効果へ
「もっとクライアントと深く関わりを持ちたい」と強く願うようになりました。

プロのカメラマンとして仕事をし始め数年が経とうとしたある日、その違和感はもう無視ができないレベルにまで大きくなったことに気が付く出来事がありました。あるクライアントの仕事で、要望通りの写真が撮れたと思い、広告代理店へ納品した写真が、私の思惑とは全く異なる素材としての写真の使われ方をしていたのです。
もちろん、広告としては成立はしていました。しかしながら、その写真を使うのであれば、もっと他の使い方をする方が商品の良さが伝わるはずだと思っていたのも事実です。写真素材を納品する際に、「こんな風に使ってもらえると商品の良さが伝わると思います」とは伝えていたものの、広告を実際に制作するディレクターやデザイナーにその話が伝わっていたのかどうかわかりませんが、結果として、私から見てベストとは決して言えない画像の使われ方をしていました。
この時、「一枚の写真の魅力を引き出し、最大限の広告効果をもたらし、クライアントの期待に応えたい」という想いが沸き上がり、「もっとクライアントと深く関わりを持ちたい」と強く願うようになりました。

両親が経営する旅館の再生プロジェクトにコミット
顧客の要望を満たすために写真を活かすことを他人にゆだねるのではなく、自分がメディアに載せる広告宣伝物自体をつくりだせないものか

一枚の写真が持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、「広告を見た人がその写真を通してその場の空気や時間を感じられ、クライアントが伝えたいメッセージが伝わる」ということをどのよにしたら実現できるかを考えるようになり、顧客の要望を満たすために写真を活かすことを他人にゆだねるのではなく、自分がメディアに載せる広告宣伝物自体をつくりだせないものか、と模索し始めました。
その頃、ちょうど実父母が経営する旅館の再生プロジェクトに関わっており、宿経営の見直しだけでなく、プロモーションの見直しも行っていました。具体的には、プラン内容の見直し、新プラン企画、価格帯見直し、料理内容の見直しなど宿経営に直結するものから、じゃらんや楽天トラベルなどのECサイトのフォトギャラリーの精査や自社サイトリニューアルのための写真撮影、ライティングまでと多岐にわたるものでした。
この時、最も苦労をしたのは、両親に対して彼らよりも宿経営の経験があるはずもない息子である自分が、旅館を再生するためにベストだと思う施策を聞き入れてもらうということでした。「身内ゆえに返って提案に耳を貸しにくい」、そういう部分は多分にありましたが、提案の意図をひとつひとつ丁寧に説明をし、納得してもらいながら進めていくということを徹底して行いました。今思えば、私のプレゼンテーション力はこの時に鍛えられたのかもしれません。
負荷がかかるからと、最初は受け入れてもらえなかった「じゃらんネット」への参画の提案も、納得してもらい実行すると結果がすぐに出始め、掲載順位が4ページ目から1ページ目にジャンプアップしたことにより、ネット経由の売上も右肩上がりで一気に伸びていきました。

そして、アドグラフィーへ
写真の持つ魅力を引き出し最大限の広告効果を発揮させることで、顧客の売上・利益向上にコミットすることができる

両親が経営する旅館の再生プロジェクトが無事終了し、経営もV字回復することができ安堵していたちょうどその頃から、世代交代に悩みを抱える旅館経営者から、両親が経営する旅館の再生を成功させた実績を買われ、依頼を受けるようになりました。
カメラマンとしての仕事に加え、数件の旅館の事業を伸長させるアドバイザーとしての仕事もするようになり、この頃ひとつの結論に至りました。
それは、事業を行う企業が会社案内つくるように必ずと言っていいほど制作し、事業そのものの集客メディアとも言える「自社サイト構築」を自身でディレクションし手掛ければ、顧客の要望を満たす写真を撮影し、かつ顧客の要望を満たす自社サイトを構築することで、写真の持つ魅力を引き出し最大限の広告効果を発揮させることで、顧客の売上・利益向上にコミットすることができるという結論です。
もちろん、私自身に、WEBサイト構築をするデザインやプログラミングの技術はありません。だからこそ、個人ではなく、組織として顧客に、ひいては地域に貢献できるようにするために、「広告(アドバタイジング)と写真(フォトグラフィー)の融合」との意味から名付けた弊社「株式会社アドグラフィー」を設立いたしました。